2017年7月27日 (木)

水曜日のダウンタウン  背中のババアがクビをしめる

巣鴨で苦しんでるババアを背負って
助けてやったのにハハアにチョークされる。

甘い!
ババアが優しすぎる!
墓場に道連れくらい本気でやらないと1
顔が優しいもの。
大体、苦しんでるババアを助ける企画が偽善だ。
日頃は「棺桶に片足つっこんでる癖に
モタモタしやがって往来の邪魔なんだよ!」
若者はそー思ってるよ。

坂本冬美が若い頃ステージから客に話しかけて
「おいくつですか?」
「50歳です」
「えーーヨボヨボですね」と笑ったんだよぉ。
ビックリしちゃった。
そのくらいにしか見えないんだ。

ダウンタウンだって「おじいちゃん」て言われてた。

巣鴨のババアも殺す気でやらないと!
芸人の1人や2人いなくなっても、
みんなすぐ忘れるのだから。
おばあちゃんだからね、警察も事故で処理する。

それか、どこかからスパイダーババアを探すかだね。
今は夏休みでカブトムシが最盛期だから
山に行って木を蹴ればスパイダーババアが
落ちて来るんじゃない。

巣鴨でいきなり芸人の背中に飛びついて
尻から糸を出してマユみたいにした後
首をシャレにならないホドしめあげる。
これですよ。
視聴者が期待している放送は!

芸人は好感度を考えて背中のババアを振り落とさない
これじゃ甘い!
命の危険を感じて、必死で寝技に持ち込むくらい
激しくやらないと!
こっちはバラエティは見飽きてるんだ。
芸人が好感度を考えて手抜きをしているくらい
すぐに分かるのだからしてね
もっとけばけばしくやらないとジジイは満足しない


にほんブログ村

2017年7月26日 (水)

宮根 誠司のプロレス挑戦

番組MCのプロレス挑戦は松ちゃん以来
ではあるまいか。

2人ともいい体してる。
宮根は毎日働きづめで体力がすごいなあと
思っていましたが、服を脱いだら
松ちゃんに近いいい体をしてた。
気痩せするタイプなのですね。

練習の段階から情熱大陸風に放送されましたが
タレントなのに予想以上の激しさで驚きました。
受け身がとれないと確実に死にますね。

試合には長与千種が華をそえてた。
ジャガー横田の旦那もコーナーにいましたね。

宮根は練習であばらにヒビがはいり
試合直前に痛み止めの注射をしてた。
そんな事できるのか?
私も部屋でころんでテレビ台のカドであばらをうち
3本ヒビがはいりました。
私はテレビが好きなので、よく液晶を傷つけなかったと
自分をほめてあげたい感じだったのですが
あの状態でプロレスは無理な気がする。
宮根は根性がありますね。
今日も何もなかった様に平気で司会をしてる。
大声で。
あばらをやると声が出ないのだけれど。
胸にサポーターもしてない。
あのくらいでないと、天下は取れないのでしょう。

プロレスラーが話してましたが
「よくプロレスは八百長ではないかと言われます。
確かに本気でやると一発で試合が終わる可能性が
あり、それを防ぐ意味でお互いが手加減をしますが
真剣にしないと大怪我します。だから
試合は真剣です、八百長ではありません」

確かに、と思いました。


にほんブログ村

2017年7月25日 (火)

土用の丑の日

今日は「土用の丑の日」で
我が家は高価な国産のウナギを買うか
それともサンマのかば焼きの缶詰で
お茶を濁すかで
みにくいホドの低いレベルの大論争が勃発し
結局、「風物詩」だからという事で
ウナギを一匹だけ買い、
ピーマンと玉ねぎと人参の千切りにしめじを
加えてタマゴでとじ
それを家族で分けて仲良く食べるという
日本の片隅で行われるささやかな幸せというのかなあ
(100億資産の松居一代をののしりつつ)
予想された決着で「土用の丑の日」を
すごすことになりました。

******************

ちょっと前までは「もう食べあきた!」
「今日もまた手抜きですか?」と言うくらい
ウナギを食べてたのに、どうなってるの?

養殖やってるんでしょ。

答えは中国人がウナギの味を覚えたからだって。
サンマと同じだ。

だけどさ、養殖業者の気持ちも分からないでは
ないけど、「土用の丑の日」などと国民を
あおっておきながら、中国で高く売れるとなると
国民を置き去りにしてあちらを優先させるのも
どうかと思う。

ウナギ好きですか?
別にそんなにうまかないよなあ。


にほんブログ村

2017年7月24日 (月)

旅ずきんちゃん  石垣島・竹富島を巡る旅

女子のタレントを見るとき
どの子が一番強いだろう?とたまに思う。

木下優樹菜か鈴木紗理奈か和田アキ子は殿堂入りにして
小川菜摘など大坂夏の陣組、ロンハー組もあなどれない
女子アナだって滝川クリステルがいる
評論家にもワイドナショーの三浦瑠麗のかしこ組がいる。
YOUだって千秋だって強いぞ

今日の出演者は菊池亜美、みちょぱ、松井珠理奈
この3人は頭にはなれなくても、かなりやる

全員集めて、怒らせたいね
テーマは仕事と金がいい
トーナメントがいいかもね

************************

今日の3人は、私は全員好き
個性がシッカリしてる
菊池亜美が特に好き
気が強くてわがままそうだもんなあ

みちょぱも若手の成長株
好きだなあ、だらしなさそうで
知識が片寄ってるみたいで、うしろにすごい男がいそう

松井珠理奈は連続3位で笑っている所が不気味でしょ
今にも爆発しそうな活火山みたいで好きだなあ

夏はやっぱり海だね
両側を海にはさまれた白い砂浜の美しさはどうよ
え?どうなのよ・・・絶!


にほんブログ村

2017年7月23日 (日)

松潤  (私は熱中症だと思う)

嵐の中で松潤はMJと呼ばれ
常にカッコよさを義務づけられている。

生まれきカッコよく生まれた者の宿命だ。
私もその1人なのでその苦労は身にしみて
よく分かる。

たとえば

口を開けて寝てはいけない
歩行は常にデューク更家で。
口笛をふく時は鼻の穴の形に気をくばり、
笑うと前歯がピカリと光る、など

ただしこれは税金の控除の対象になります。
名前を「MJ控除」といいます。
経費として落とせる金額はカッコいい額です。
税金面では優遇されていますね。

しかし定期的に査察が入ります。
確かなカッコよさであるか?
今回はその審査をチビッ子が引き受けました。

巨大フラフープを「カッコよく」まわせるか?

MJはクビにひとつ、両腕と腰と片方の足と
常人にはとても不可能な巨大フラフープを
涼しい顔で回してみせた。

チビッ子たちの判定は「合格!」
また一年松潤は「MJ控除」で税金対策が楽になった。
私もがんばる
もうすぐ私の課題が発表されるハズだ。
ゾンビとの格闘か、
アクロバティックな格闘のあと、エレベーターへの側転か
がんばらないと


にほんブログ村

2017年7月22日 (土)

君島十和子 美のカリスマ など

君島十和子に道でどんな化粧品を使って
いるのか質問されたら、自分は美人なのだと
思っていい。
美しすぎる交差点女子と認められた訳だ。
ただし君島十和子の鼻は(鼻すじ)は
日本人にしては立派すぎる。
マツコの「整KGB」の審議になると思う。

*****************

「ダウンタウンなう」で夏菜の発言は
ほとんどカットされていた。
夏菜と酒はまぜると危険なのだと思う。

***************

出川は好きなのに、出川がでるCMの
商品には好感が持てない不思議。

*****************

朝ドラに出演中のぱるるは、かなりいい!
女の子は髪型で雰囲気が変わるものですね。
ヒロイン・谷田部みね子は父親が蒸発
自分の結婚が近い、なのに他人事みたい。
だからまわりが世話をやく。

***************

私は嫌いなんだけど
オードリー春日は手を叩く時どーして
フラメンコになるの?

****************

「イッテq」の温泉同好会ですが
稽古では大苦戦してるのに本番は一発OK。
これはおかしい。
スタジオで演技するのが、おかしい。
何回か失敗しても、スタジオだとやり直しがきく。
編集すればいかにも一発成功にみえる。
私は疑いの「流し目」でいつも見ております。


にほんブログ村

2017年7月21日 (金)

アウト×デラックス  広田レオナ映画を作る

広田レオナが映画の番宣で出ていた。

栗原類が起用されたらしい。
男と男が恋に落ちるのを芸術性豊かに
映像美で見せる映画らしくて。

芸人や俳優は結局自分で映画を撮りたがる
でも大抵失敗に終わる。

思い入れが強すぎて単純に「面白い」でいいのに。
これが中々むずかしいみたいで。

何かの話を目の前の知人に話して聞かせる感じで
相手が聞き耳をたてる様に上手に話す
映画づくりもこれでいいと思うのですが。

男どうしが恋に落ちて、絵画みたいにからみあう
私は金が惜しいとかじゃなく
単純に「観たかないな」です。
たぶん失敗作でしょう。

広田レオナ本人が不思議な個性で面白いのに。
映画なんか作る必要があるのだろうか。


にほんブログ村

2017年7月20日 (木)

みなさんのおかげでした  高圧洗浄の注意点

男は「黒」なのだ。
「黒」こそが精神的ささえなのだ。
「黒」いからこそ、腹に力が入り、強敵と戦える。
「黒」は男の強さの代名詞なのだ。

**********

高圧洗浄をやると隣近所から文句がでます。
「ウチが汚れたじゃないか!」と。

だから高圧洗浄は大雨の日にします。
足組をくんで養生で汚水がまわりに飛ぶのを防いで。

************

でないと、隣近所どころか仲間まで真っ黒になる。
仕方がないから作業の終了後
全員裸んぼになり、
今度は自分たちの体を高圧洗浄するハメになります。
高圧洗浄の威力はすさまじく
仲間の体が真っ白になる
今まで黒光りしていた自慢の所まで真っ白になる。

男の誇りが黒光りから白光りになり
作業道具を片づけるのにも腰に力が入らない
誠に考えのない事をした、と後悔しても後の祭り
あれだけ黒光りさせるのに
果たしてどれだけの時間と費用をついやした事か!
でも、もうどうにもならぬ
ありがちな失敗だから高圧洗浄をやる際には
作業員心得として、
親方の注意すべき最優先課題だと私は思った。


にほんブログ村

2017年7月19日 (水)

マツコの知らない世界  渡辺直美がめざす道

渡辺直美の話だと
アメリカのタレントは順調にスターへの道を
歩いているといつかダメになるのだそうで
そこにスキャンダルが必要なのだそうだ。
スキャンダルはスターのあかし

それを斡旋する業者まであるらしい。
夜逃げ屋本舗みたいな
スキャンダルを演出する会社が!

渡辺直美はアメリカ志向なんだね
だから新潟のとび職のお兄さんとやっちゃったとか
アメリカ軍の海軍の兵士とやっちゃったとか
やっちゃったが数知れずでしょ中学時代から

アメリカのスターはスキャンダルではつぶれない
それを喜ぶ国民性がアメリカ人にはある
ピース綾部に聞かせたい
アメリカではそうなんだって!
綾部には熟女解禁の朗報だよ

整形も全く問題ないらしい
高須クリニックはアメリカ進出のチャンスだ
ピコ太郎より大物芸能人をCMに起用してやれば

**********************

デーブ・スペクターより話が面白い
デーブ・直美のほうが

ブログらしく、この辺でやめときましょ
嫌われない様に「ブログは短く!」


にほんブログ村

2017年7月18日 (火)

吉岡里帆

芸能界は次々と可愛い子が出現して
中堅からベテランは気が気じゃない。

吉岡里帆

どうすればこんな子が生まれるんだろうね。

可愛いだけでなく、さわやかな感じがする。
性格はあっけらかんとしていて
初体験は15歳の時だそうだ。

だろうね。
こんな可愛い子だ、男が許す訳がない。

「あまちゃん」のオーディションでは
能年玲奈に負けたそうだ。
能年玲奈の可愛さも群を抜いていたからね。
レベルの高い戦いだ。

話は違いますが
松居一代のブログは短い。
ブログとは本来、そうしたものかも知れません。
私も少しづつ書く量を減らしていこうと思います。
そのほうが読み手に親切ですよね。


にほんブログ村

«旅ずきんちゃん  デブは損