2021年5月18日 (火)

おかえりモネ

ドラマの路線を早く決めたほうがいいと思う。

バイオレンスものじゃないよね。
ラブロマンスが主軸でもない。
サクセスストーリーが近いかな。

ヒロインの最終着地点が気象予報士で
一般ウケしそうもない夢なので
余程ガンバル必要があると思う。

ヒロインは自分の性格を、自分はどんな
性格なのか、5つくらい書き出してみると
演技の際に頭が整理できると思う。

医者は、威厳を保つ為に患者との間に壁を
作り、あまり親しい関係を作りません。
裁判官など司法やまぁいろいろありますが
タクシーの運転手や食堂のオヤジでもそうで
壁を作らないと客が狂暴化します。
それはあるのだけど。

私は手術で数回入院しましたが、医者はそんなに
頼りにはなりません。医者というか医療技術と
いうか。ものすごく限界があります。
あたり前なのだけど。
南方仁先生や堺正章先生や赤ひげ先生の時代
からそんなにまだ時間がたってない。

CTスキャンにしろMRIにしろ
見た感じがいかにも発展途上でしょ?
図体が大きくてデザインがださい。
いまから200年くらいたつと現代医学は仁の
世界ですよ。過大に期待しないほうがいいです。

ドラマの医者もあまり型にはまる必要はない。
聖職なんて考えて力まないほうがいい医者に
なれる気がします。
黙っていても医者は尊敬されますから庶民的がいい。

それとヒロインをいじめる悪役を早く作らないと。
違う価値観の人物を対立させると
ドラマに緊張感が出ますから、俄然面白くなります。
ぬるま湯みたいなドラマからおさらばできます。

日本には銃規制があるし薬物にもうるさい。
総理を大統領みたいに取りあげられませんしね。
緊張感を出すのはハンデがあります。
その不自由なドラマ作りの中であっても
ヒロインを徹底的にいじめる悪役が必要です。

戦争や貧乏はもう飽きた。
前作のトータスは良かった。本当にあんなだらしのない
人かと勘違いした視聴者がいたらしい。
あのくらいな悪役が欲しいなぁ。
いい人や変人ばかりじゃ、つまらない。
毒が絶対にいりますよ。

2021年5月17日 (月)

コロナとニシキヘビ

〇コロナの接種は無料だってさ。
 タダより高いものはないからなぁ~
 お1人様、2本まで
 全国から「効果があった」との喜びの
 声が報告されているのだろうか。

〇ニシキヘビに懸賞金をかけろ!
 そして手配写真をパチンコ屋の壁に貼る。
 凶悪犯の間に、正面からの顔写真を。
 「マジうける、へびがセンターじゃん
  もっと陰キャかとおもた」

2021年5月15日 (土)

谷原章介 剛力彩芽

〇私は基本MCは番組の進行役であって
 論点がズレない様に議論を誘導するのが
 役目だと思う。
 自分の意見は控えてゲストのコメンテーター
 の意見を尊重すべきであります。
 あっちが専門家だからね。
 NHKの日曜討論のやり方がいいと思います。
 ゲストの話に耳を傾ける。
 民放はNHKとは事情が違うだろうけど
 ミヤネ屋も返事が「うんうん」うるさい。
 ゲストの話をさえぎるし。
 海外特派員の話もさえぎる。
 谷原章介もMCのやり方を間違っている。
 「王様のブランチ」の時はよかったのになぁ。

〇松ちゃんの酒のツマミに剛力彩芽が出ていた。
 ドラマよりまつげが短い。
 ZOZOとは別れたらしい。性能が?のロケットに
 1000億かけるくらいなら、剛力にあげればいいのに。
 千昌夫が全盛の時の総資産が2000億だったから
 その半分だけど結構な手切れ金だよね。

 剛力はお酒を飲んでいたせいか、素の顔をみせてた。
 気性が激しそう。感情の起伏が激しそう。
 まるでツイキャスやニコ生に出演のロッタちゃんみたい

 中国人ロッタちゃん。よく感じが似ている。
 高校生の頃は原宿駅で朝凸待ちOKで私も会って
 みたかった。独特の雰囲気でさ。私は田舎もんだから
 ダメだったけど。あの頃、小金持ちのロッタちゃん。
 時期はずれのスイカを食べたりビニール袋のあんこを
 食べたり。
 現在は子供がいる。生活は苦しそう。

2021年5月14日 (金)

「おちょやん」最終回

〇どんな最終回になるのか色んなパターンを
 予想していた。結局、私の予想では一番人気の
 「最終回まで観て下さって有難う」の
 ソフトランディング軟着陸で静かに幕を閉じました。

 気になっていたのは、ヒロインが
 頭の髪は高齢者なのに顔が
 感染多数の若者そのままであること。
 これは気になりました。
 もっとも真逆に、顔が高齢者メイクなのに髪の毛が
 若々しくふさふさだったら、
 変異株みたいで気持ちが悪かったと思うけど。
 おちょやん変異株

〇出川がアッコにおまかせでやらかした失言の
 内容がイマイチ、ピンとこない。
 出川がどうなろうと知った事か、くらいのファン
 だからかも知れない。

 結婚したくない、いわゆる気持ち悪さ部門で
 トップを誰にも譲らない、その分野では
 いわば殿堂入りの実力で
 そこが「可愛い」という屈折した岩盤層のファンで
 人気だったのにメッキがはげてしまった。
 「可愛い」がはげ落ちてその下の「キモイ」地層が
 むき出しになった感じだ。

 出川騒動であおりを食ったイッテQと新出川ガールが
 誠に気の毒だと思う。

〇コロンボにリトルリチャードが出てた。

〇有吉と夏目三久には、怒り新党だよ。内村プロデュース
 では共演者に乱暴なただのチンピラ芸人だったのに。
 品川に感謝しろ

2021年5月13日 (木)

「おちょやん」ついに最終回 面白かった

〇ドラマや映画や小説は
 「内容半分、タイトル半分」と言われるくらい
 タイトルのネーミングが重要で
 その点では「おちょやん」は良かった、でも
 次の「おかえりモネ」は少し、弱い。

 内容については
 伝記もの自叙伝ものは当たりやすい。
 その点でいくと創作ものは、むずかしい。
 「おかえりモネ」は無理のない物語を展開
 させるのに、作り手はかなり苦労すると思う。
 しかも視聴者の共感が得られるように
 ここが難しそうな感じが今からする。
 ・・・と余計な心配をしております。ガンバレ朝ドラ

〇アチャコとエンタツ、これは私は知らない世代です。
 岡八郎と花紀京、間寛平と池乃めだか、いとこい
 やすきよ・・・たくさんいる、懐かしい
 これを思い出したのもおちょやんのおかげ
 船場太郎が政治家に転身した時は驚いたよなぁ。
 でも吉本新喜劇はたくさん死んでるんだね
 桑原和男も中山美保も山田スミ子も

〇これは関係ないですが
 「中井貴一」を「なかいかんいち」と呼んで
 「ファンです」と言った人がいました。
 確かにそう見えなくもない

〇近所に「坂之上鈴子」という表札の家がある。
 「鈴子」はどうか「りんこ」であって欲しい
 でも「すずこ」だろうなといつも思う。
 「山下銀蔵」というのもある。「山下」は平凡
 だけど「銀蔵」はいいな

〇「おちょやん」の最終回は、きれいにまとめる
 必要はない気がする。尻切れトンボでいいじゃない。
 やはり起承転結はないとダメかな。やっぱり
 ひと泣きさせて終わりたい?それともオチをつけるか

2021年5月 3日 (月)

中国VSインド

昨年6月、中国とインドは軍事衝突をして
中国軍4名、インド軍20名が死亡した。
この衝突で両軍は軍事境界線から撤退したのだが、その
映像を中国は異例にも国営テレビで公開した。観るからに
国民のナショナリズムを高揚させるのが目的で、
私が観た所では
かなり中国軍が勝利したとのウソがあった気がした。

この時、中国はコロナウィルスをインドにまき散らして
撤退したのではないか。武漢で製造していた細菌兵器が
予想外の威力があり、解毒剤のワクチン開発前の事故で
慌てはしたものの国内の感染押さえ込みに成功するや
あとは各国の狼狽ぶりを高見の見物で高笑いだったろう。

インドで初めて兵器として使用したのではないか。
効果のほどはすでに各国が証明してくれている。
もしそうなら、中国の標的にされたインドは大変だ。

コロナウィルスは元は敵国の後方の経済かく乱が
目的の兵器だったはずが
死者がかなりでた。
インドはチベットみたいに侵略されそうだなぁ。
開戦の口実など、どうとでもなる。
中国にすればあとはタイミングと国際世論だけじゃない。
そんな気がする。

胡錦濤時代の中国はわりと安全でしたが
習近平独裁の今は恐い。

2021年5月 2日 (日)

東京オリンピック

車の運転免許の学校で、先生にしつこく
言われたのは「車を止める勇気を持て」
という事だった。

車を走らせている時、車になにか不具合が
あったりしても、中々車を止める決断が
つかない。ブレーキを踏んでサイドを引く
だけなのに、

その間も車はどんどん走って行く。
いつもとは明らかに違う異音は気には
なるのだけど、車をとめる「ふんぎり」が
つかない。

東京オリンピック

国民の7割が開催に反対している。日本は
民主主義の国であり「多数決」の国のハズなのに
止まらない。

組織委員会の会長が橋本聖子なのが中止を
困難なものにしている。

昔、ラグビーの新日鉄釜石の松尾が言っていた。
トップアスリートは引退して別の仕事についても
働きぶりが普通の人とはまるで違う、と。
目標達成に全力をつくす根性ができているのだ。
どんな障害があっても決して投げ出さない。

今回、橋本聖子が会長なのは困る。
オリンピックを中止するのが最良の策だけど
開催という目的に向かって岩の様に頑固になってる。

その反動がコロナ感染検査数をはじめとする
人命にかかわる問題にしわよせが来ている。
政府の考えに今頃気がつく国民も甘いが
すべてを承知しているのになおオリンピックを
優先させる政治家も神経がどうかしている。

組織委員の給料が一日35万円だそうだ。地位が
上がればすごい金額だろう。一日だからね!
それが「おもてなし」から4年と延期が1年。

政治家は金と選挙。

これを一番に考えるのも分かるけどさ。

オリンピックは日本にとってケチのつけ始め
だった気がする。
官僚も政治家も金と女に汚いなぁ。
今度のコロナ騒動であらためてよく分かりました。

「日本は走り出したら止まらない」
忖度、金、選挙、女

2021年4月 9日 (金)

コロナワクチン

政府の感染対策は間違っていない?
感染者が多いのは若者でしょ。
高齢者は外には滅多に出ません。
「とことんステイホーム」です。
コロナ騒動に関係なく。
だったらワクチンは若者を先にすべきだと思うけどなぁ。
若者からの感染をまずおさえないと!
介護施設にコロナを持ち込むのは職員でね。
高齢者はベッドか車いす。
ワクチン注射の順番は間違っていると思うけど
誰もそれについては言わないのよ。
私は間違っていますか?

2021年4月 3日 (土)

国際報道(再) ウィグル問題

文豪芥川龍之介の小説に「蜘蛛の糸」という名作がある。
自分さえ良ければ他人がどうなろうが知ったことか、という
エゴイズムがテーマの話だ。
人間の欲には限りはないものなのか?
ならばその欲が満たされる日は永久に
来ないという悲劇が明らかにつきまとう。

中国の歴史は「策略」の歴史である。「日本政府など我々にすれば
赤子の手をひねる様なものだ」とその幼稚さを笑うホド
権謀術数にたけている。中国が愛想よく近づいて来たら気をつけろ!
と赤子の日本政府は格言にして用心している。

その中国が最近焦っているらしい。欧米列強が中国の人種問題や
経済への締め付けを強化しているのだ。まるで第二次世界大戦前の
日本を取り巻く世界の環境の様で、今の中国は非常に危険だ。
習近平の世界戦略の計画からハズレかけている。

インドの国境問題では「我が中国はインドに対し、赫赫たる戦果をあげた」
というビデオまで撮って中共全土にながし、ナショナリズムをあおった。
これを「中国は焦っている」とみる評論家もいた。

新疆ウイグル自治区の迫害や法輪功の宗教弾圧、さかのぼれば
チベットの侵略、満州、南モンゴル、香港、さらにやがてくる
台湾侵略がある。南沙諸島や尖閣諸島の領有権問題もある。

ニュースでは日本国民の不安を短いながら的確にコメントしていた。
「まさにそのとおり!」聞いていて気持ちが良かった。
しかし解決策はない。せいぜい各国が協力して圧力をかけるくらい。
日本とアメリカとオーストラリア台湾、欧州と南シナ海の国々が
ひとつになって(アメリカが中国を甘やかせすぎた結果なのだけど)
中国の暴走を止めなければ、日本の将来が危ない。
韓国は中国につく気がする。ロシアは例によって漁夫の利を
狙っている。

政府と軍が一緒になると、領土拡張が始まる。金まみれにして
甘い汁をすわせてね。
ニュースで取り上げた時間は短かったけれど、だれでも大体の
見当はついているのではないか。

人間はさあ、強くなると何故、弱者をいじめるのかねぇ?
中国は儒教の教えはどうした?孔子は泣いているに違いない。

2021年4月 2日 (金)

NHK BSダークサイドミステリー  独裁者ヒトラーに何故民衆は笑顔で従ったのか?

学生時代の制服を捨てられない人は多いのでは
ないか。学校生活で苦楽をともにして笑いや涙が
染みついている。2度と着る機会がないのは
分っているのだが、どうしても捨てる気になれない。

私は親父と新しい学生服を買いに行った日の事を
ハッキリ覚えている。家に帰るのが待てなくて
袋のすき間から制帽の徽章を見た時のあの感動は
忘れられるものではない。この制服にあこがれて
苦しい受験勉強を頑張ったのだ。

入学式で全員が講堂の椅子に座って校長の話を
聞いた時、整然と並ぶ同窓生の背中に不思議な
一体感を覚えた。制服には不思議な力がある。
まだ話しすらしない人間たちがすでに仲間に
なっていた。講堂のステージの上に学校の校章が
飾ってあり校長はその下の演台で挨拶をしている。
希望校に入学できた誇らしさと厳粛な講堂の雰囲気で
私は緊張と共に心は燃えていた。校章に誇りを感じ
校長を頂点とするこの学校に「猛然と一つになった」

生まれて初めて経験する詰襟の冷ややかが小学生から
中学生になったという気分を高揚させた。
制服には人間に覚悟をうながす力がある。

確かにヒトラーは野心家であり比類なき極悪人である。
なのに、テレビで度々取り上げられるのは何故か。
ドイツではネオナチまで出現している。
「何か、言い知れぬ魅力があるのではないか?」
放送では現在でもヒトラーの洗脳がとけずにいる人たちの
インタビューがあった。ヒトラーが世に出た理由は
色々あるに違いない。大戦に負けたとか失業者があふれ
生活は困窮して大戦の戦勝国から莫大な賠償金を
要求されたとか。

生活が苦しいと誰かにすがりつきたくなる。
そこに妖怪.ゲッベルスがプロバガンダで民衆を天才的に煽り
仮想敵としてユダヤ人を選んだ。いろいろ理由はある。
でも「制服」「軍服」の影響も大きいと思う。
ヒットラーユーゲントの制服を着てみたい子供たち。
軍服を着て突撃隊で行進してみたい。
ヒトラーが好きな金髪で蒼い目の子供たち。
彼らはあこがれた。ドイツ軍のナチスの軍服と鍵十字の
ハーケンクロイツ、
ナチスの躍進は「軍服」のカッコよさもあったと思う。

«月曜から夜ふかし  車の免許11回不合格男