« つばさ #5  (4/3) | トップページ | つばさ  #6  (4/4) »

2009年4月 3日 (金)

福田沙紀   (4/3)

4 Hukudayataman        Y1








福田沙紀の評判が極めて悪い。
「週刊文春」によれば
福田沙紀は「ヤッターマン2号」というより
「ドロンジョ」様だというのだ。

とにかく態度が生意気らしい。

事務所の社長に気に入られているので
スタッフが遠慮してしまって
「バカヤロー」と怒鳴れない。
 ↑文春の記事はもっと過激な表現だった。

あまやかされるだけ、あまやかされて、
やりたい放題、
気まぐれも、いいトコだそうだ。

例えばスタッフに「あれが食べたい」と
言って買いに走らせると「思っていたのと
違う!」と言って食べないし、

ロケで、ロケ先の地元の人が作った料理を
「辛いのは嫌い」と言って食べないし、

とにかく女王様きどりで手に負えないらしい。

そういえば「グータン」に出た時も
first contactで待ち時間のごくわずかな
時間にいねむりを始めたっけ。
(番組史上初!)
同じゲストの、マリエが1人でしゃべって、
福田は「櫻の園」の宣伝も兼ねていたのに
ほとんど、全くしゃべらなかった。

あの時はマリエって本当に邪魔だよなぁ、
ぐらいにしか思わなかったけど、
事の真相は、そういう事だったんだ。

「週刊文春」が必ず正しいとは限らない
けどさ、なんかそんな気もする子だよね。

私が分からないのは、
人もうらやむポジションにいるのにさ、
何で、もっと大切に生きないか?って
事なんだよね。不思議で仕様がない。

人生にチャンスは、そうはないよ、
もっと頭を低くして、みんなに可愛がられて
仕事をしっかりこなしてさ、
若い大切な時期を、もっと大事に
生きればいいのにと、ほんとにそう思う。

« つばさ #5  (4/3) | トップページ | つばさ  #6  (4/4) »