« ひみつの嵐ちゃん!(MEGUMI、小倉優子、藤本美貴) | トップページ | 峯岸みなみ (坊主頭で記者会見) »

2013年2月 1日 (金)

最高の離婚 #4

私は
真木よう子が
鬱屈した胸の怒りをどこでどんな風に
爆発させるのか?
それにも興味がありますが

それよりも

喜怒哀楽、
自分以外の人間の心の機微に全く無頓着な
綾野剛の生き方がとても気になります。

「最後から二番目の恋」の坂口憲二のようだ。

坂口はいつ死ぬか分からない病気だったから
来る者はこばまず、の精神で
誰とでも仲良しになっていましたが

綾野はそうではない。

真木の近くが心地いいから
真木のそばで生活を共にしているだけ。

よそには女友達が少なくとも2人いる。

こんな事ってあるだろうか!

それを我慢している真木も理解できない!
私は男だけど、
私なら怒って胸ぐらにむしゃぶりついてる。

そういえば

「最後から二番目の恋」と比べると

瑛太は中井貴一に
尾野真千子は飯島直子に似てますね。

あのドラマの結末はどうなったんだっけ?
SPもありましたよね。

しかも中井貴一も瑛太も
新境地をひらいてる。

尾野真千子は
性格はがさつだけど、愛情があり
瑛太にも姑さんにも優しい。
というか、みんなに優しい。
ただ、がさつで生活がだらしないだけ。

瑛太の祖母は
何も知らない顔をしてますけど
すべて承知して事態を見守ってると思う。

母親や祖母は赤ちゃんからそばで
ず~と見てますからね。
瑛太の事なら何でも知っているのです。
だから母親や祖母は殴るだけの父親より
子供にとってやっかいで
はるかに怖い存在なのです。

« ひみつの嵐ちゃん!(MEGUMI、小倉優子、藤本美貴) | トップページ | 峯岸みなみ (坊主頭で記者会見) »