« 世田谷ベース(圭くんの消えたベース)&太川陽介について | トップページ | ごきげんよう(ショーンK) »

2014年2月20日 (木)

浅田真央が転倒!でもよくやった!

森会長が浅田真央選手を評して

「負けると分かっていた。浅田真央選手を
出して恥をかかせることはなかった」

「見事にひっくり返った。あの子、
大事なときには必ず転ぶ」と講演した。

ひどい言葉だ。

真意は他にあるかも知れないが
あまりにも繊細な配慮に欠けている。

政治家としても無神経な人だから。

**************

確かに真央ちゃんはよく転ぶ。
それも演技の初めの方で転ぶ。

昔、野球の野茂がドジャースに入団した
とき、よく1回の表で失点していた。

守っている野手はガックリくる。
試合開始早々にハンデを背負う訳で
どうも気勢があがらなかった。

ドジャースにはホームランバッターが
ピアッツァくらいで、
モンデシーもせいぜい打って二塁打。

要するに1回の野茂の失点がチームに
大きくのしかかるのだ。

真央ちゃんの転倒とよく似ている。

今回も初めで転倒し、
そのショックから最後まで立ち直れなかった。

****************

野茂は、太りやすい体質で
太ってマウンドにあがって来ると
相手チームの選手は大喜びしたそうだ。

体にキレがなくなり、
ストレートが走らない!
だからフォークがよく見えて打たれる。

野茂はストレートとフォークだけだから
ストレートのスピードが命なんだ。

ドジャースに入団したての頃は体がしまって
ストレートが走っていた。
メジャーリーガーが面白いようにフォークに
引っかかり三振の山だった。

真央ちゃんもポッチャリしてたね。

**************

真央ちゃんの敗因は、
日本中の期待が大きいことだ。

野茂は日本球界と絶縁して、つまり
日本に帰るという退路を断ち切って
メジャーに挑戦した。

誰も野茂に期待していなかった。

ドジャースも空港にバンで野茂を迎えに
来るほど、期待も何もしていなかった。

それがアメリカ野球界の低迷を救う
救世主となった。

野茂は性格的に「ずぶとい」
そこへ「誰も期待などしていない」

日本球界にもどる道を断ち切っただけが
プレッシャーらしいプレッシャーだった。

真央ちゃんは責任感が強そうで
しかも日本全土の期待を一身に受けている。

ライバルも強烈だ。
一回のミスが命とり。

そこでやっちまった。
いつもの癖である、演技前半での転倒。
あれですっかり動揺してしまった。

体をどこか痛めたのかもね。

朝の4時ごろだよ。

私は観ていて小さく
「あ」と言ってしまった。

今日は日本全国民が元気が出なかったろう。
ソチも終わったね。

これも昔ボクシングのモハメドアリが
フレージャーにパンチをくらいダウン
したとき、
心臓麻痺で死んだ人がいた。
今回はまさかいないだろうと願う。

« 世田谷ベース(圭くんの消えたベース)&太川陽介について | トップページ | ごきげんよう(ショーンK) »