« サンドウィッチマンの新ネタとカレンダー | トップページ | ソチ オリンピック開会式 »

2014年2月 7日 (金)

アメトーーク (柔道)

フルポン村上の膝はどうして曲がらないのか。

ユリゲラーに頼むしか方法はないのか?

日常生活では曲がるのに
いざスポーツとなると
とたんに硬直が始まる。

人間本来の膝の関節が左右の足で2個、
減ってしまう

現代医学では解明できない不治の病気
難病なのである。

だから柔道では
試合前から負けてる。

押すだけで倒れる。
いや、組むだけで倒れてしまう。
誠に気の毒なありさまである。

とりえと言えば

村上の対戦相手が自由自在に投げる快感
を覚えて、いい練習相手だという点だ。

ひっぱりだこだよ。

あっちで投げられ、こっちで押さえこまれ。

柔道部だけでなく、どの部に入っても
恐らく人気者だろう。

プレーが従順で反抗的ではなく
素直だもんね。
後輩からも愛される。
村上の人徳だね。

紅一点のあいすけの母校の練習の様に
「笑い」がたえない部になるね。

卒業アルバムには
どの部の写真にも、
傷だらけの村上がのせられる。
部をすべて制覇だ。

サバンナの下痢のほうは、まだ
「白い白帯」で「みさお」を守っている。
黒帯で汚されていない!
いまどき身持ちのいい、汚れを知らない男、
「安い男」じゃないんだね。

誘惑しても手厳しくはねつけるんだろ。
「そんな男じゃないの!軽くみないで!」

武藤敬司は柔道を忘れて暴れたら、
中村アンをのぞき
いい感じで全員を再起不能に出来ると思った。

« サンドウィッチマンの新ネタとカレンダー | トップページ | ソチ オリンピック開会式 »