« マッサン ついに会社に辞表を出す | トップページ | マッサン 目標を失い腑抜けになるの巻 »

2014年11月 2日 (日)

天皇賞 2014 秋 府中東京競馬場

カジノが出来ると競馬の客は
少しはそちらに流れるのが人情だ。

中央競馬会はその対策を
先手を売って知恵をしぼらねば
ならぬ。

競馬依存症のお客様にばかり
頼っているのは、いかがなものか。

中央競馬会の必殺の一手は、まず

馬がゲートに入る前の
気取り屋さんのスターターだね。

あの芸なしをどうにかしないと!

競馬のスピード化をはかるならば
馬が待機所で回っている時から
スタートカーの脇で待機すべきだ。

今のように、のんびり気取って
どこからともなく、歩いて来る
やり方ではダメだ。

「その方が場内の雰囲気が
盛り上がるでしょうがぁ!」

あのね、競馬ファンは馬券が
取れさえすれば、レース後の
気分はいいの。

別に気取り屋のスターターの
オヤジを高い金と無駄な時間を
さいて競馬場に来ている訳では
ないのだから。

そこまで雰囲気を盛り上げたいなら
ギャグのひとつもやりなさいよ。

「おっと、スターターがゲート入りを
嫌がっている。
相当入れ込んでますね!

お尻フリフリ

暴れている、暴れている
これは馬体検査になるかも知れません。

発走時刻が少し遅れるかも知れません。

一回りまわして、入れようとしていますが
尻っぱねして嫌がってますね。
えらく機嫌が悪いです。

財布でもなくしたのでしょうか?
円高やら円安に巻き込まれたのでしょうか?
放送席からは確かめようもありません。

お尻からチンポコを引っ張って
入れようとしますが、嫌々して入りません。

各馬はゲート後方で輪乗りをして
待っています。

あ、1人の係員がスターターの懐に
封筒らしきものを入れましたが
何でしょうか?

やっとスターターがスタンドカーに
乗りました。
赤い旗を振っています。
いつもより力強く感じます。

待ちかねたようにファンファーレが・・
場内に歓声が響きわたり

ようやく各馬のゲートインが
始まりました。

スターターはさっさと車に乗り
封筒の中身を確認していますね。
危険手当か何かでしょうかねぇ

動物園のライオンの飼育員にこそ
あげるべきだと思いますねぇ

このぐらいのギャグをやって欲しい。
気取ってばかりいないで。
カジノにお客をとられないための。
全然たりてないね。
企業努力だよ。民間じゃみんなやってる。

そんで、肝心の天皇賞だけど
私はゴール手前で気絶したので
何が優勝したのか知りません。

« マッサン ついに会社に辞表を出す | トップページ | マッサン 目標を失い腑抜けになるの巻 »