« マッサン  姉妹の両親、離婚の危機の巻 | トップページ | マッサン  エリー通訳をするの巻 »

2014年11月24日 (月)

マッサン  堤真一に頭を下げられず

かって

女性タレントのさきがけとも言うべき
イーデス・ハンソンは言われたそうです。

あなたは英語で話す時は表情が
やさしいのに、日本語で会話すると
とたんに顔がきつくなる、と。

「アナザースカイ」の二階堂ふみは
英会話が堪能なことを知らせたく
番組で盛んに英語を使っていましたが

顔はこわばり、目は大きくカッと
見開いて、とても醜い表情になっていた。
日本語だととても可愛いのに。

エリーは幸いにも
日本語のセリフでも実にやわらかな表情で
日本語、英語の差がほとんどありません。

それと、エリーは顔の表情、特に目の
動きが実にうまい!
演技のうまさに感心する場面がたびたびです。

(ライバル)

マッサンと堤真一は良きライバルです。
だから2人とも成功したのだと思います。

日曜日にあったボクシングのパッキャオの試合。
相手は25億円もらうパッキャオの実力を1Rで
さとったらしく、最終ラウンドのゴングが鳴るまで
腰を引いて足を使いリングを逃げ回っていた。
いい試合は相手の協力が絶対条件で

それをパッキャオの試合相手はやらなかった。
つまりライバルとして試合ができなかった。
だからパッキャオにも観客にも不完全燃焼の
試合だった訳で、

競馬のダノンシャークとフィエロは素晴らしい
レースをやった。
ハナ差決着のマイル戦。
ライバルは他にもいましたが
この2頭もいいライバルだった。

このレース、私はニコ生ではるき倶楽部が
放送をやっていたので、はるきさんの放送を
みていたのですが(ラジオは著作権は問題ない)

すごいドラマがありましてね
もしそれが本当ならば、ですが

馬券が大荒れの日でして
WIN5 の対象レースがすべて穴で

本命なんか吹っ飛んでしまい
すべてが10番人気や15番人気。

当然、当たり馬券を買った人はどんどん減り
最後まで残った馬券は5票、
それも違う人が、違う馬を買っていて

つまりもし、誰かが的中すれば1人で5億の
総取り、という状態だったのです。

そしてレースが始まると、その一頭のフィエロが
来ている!

馬券の持ち主は心臓が止まる思いでレースを
見ていたと思う。

結果は先頭のフィエロがゴール直前でさされて
フィエロはハナ差の2着!

私は4億か5億を取り損ねたその人は
どうなったか、とても興味があります。

ちなみに4億はキャリーオーバーになりました。

私は何の話をしているのでしょうか!
いつもながら

« マッサン  姉妹の両親、離婚の危機の巻 | トップページ | マッサン  エリー通訳をするの巻 »