« マッサン  エリー英語教師になるの巻 | トップページ | マッサン  パン屋をやることに決定の巻 »

2014年11月11日 (火)

マッサン  エリーの不思議(長女の苦しみ)

子供が母親を大切に思うのは
なにくれと親身に世話して
くれた、いわば、母親への
「ごほうび」なのだ。

母親の子育ての苦労は
すさまじいからね。

父親も母親と同じ気持ちで
子供に愛情をそそぐのだけど

父親には仕事があるから外に出る。

その点、母親は子供に
ピッタリ寄り添って怪我を
させてはいけない、食事の世話から
おむつの世話、

それも買い物や洗濯をしながらだよ。
掃除は省略するけど。

***************

姉妹の家は女中を雇うホドだから
金持ちなんだろ。

母親は育児も適当で
昼間からチンなんか膝にのせて
レモンティーを飲んでる様な。

だから姉妹は世話をしてくれる
女中になついたんだ。

でも死なれると、知恵のついた姉の
方は少し寂しい。
下の子は女中がいれば十分だけどね、

*************

エリーは父親が亡くなって
母親が1人になったのに
妹にまかせて

止める母親を振り切って日本に来た。

捨てられた母親はベッドで泣いてたね。

エリーは父親が好きだったんだ。
なんでだろ?

« マッサン  エリー英語教師になるの巻 | トップページ | マッサン  パン屋をやることに決定の巻 »