« 櫻井有吉のアブナイ夜会  ボロボロの出川 | トップページ | 「アウト×デラックス」  石坂浩二はおのれには無知 »

2016年4月 8日 (金)

とと姉ちゃん   ととの遺言

桜の時期をどのくらいすぎたのか
長い期間だったり、春の嵐の後なら
仕方ありませんが
ある程度の時期はずれなら
桜の木にも早咲き遅咲きがありますし
同じ木でもしぶとく残る花もあるハズですから
山の中でしょ?
探せば花のひとつやふたつ、見つかると思う。
その枝を持って帰り、庭で花見をすれば
ととの体力を奪うことなく、お花見が出来たのでは
とちょっと思いました。
******************
母親は家では太陽的な存在で
母親が病気になりますと、
家全体が暗くよどんだ空気になり不幸ですが
このドラマでは、とともかかも子供は
同じ比重でなついていますから
ととの結核はこの家には誠に不運でした。
*****************
それにしても、ととの
長女、常子への遺言はあまりに残酷で荷が重い。
ふすまごしに、ととの遺言を
静かに聴いて、混乱する頭をしずめて
「かかを守ってくれ」との言葉の意味を
理解して、覚悟を決める訳で
他に頼める相手がいないし時間もないから
こうなるのでしょうが、常子の両肩にずしりと重圧が
かかりました。悲しい、ととの死の自覚とともに。


にほんブログ村

« 櫻井有吉のアブナイ夜会  ボロボロの出川 | トップページ | 「アウト×デラックス」  石坂浩二はおのれには無知 »