« なつぞら | トップページ | 高須院長 »

2019年5月11日 (土)

なつぞら

爺よ、「なつ」はすぐ泣くんだから
だって女の子なんだもん
もっと気をつけてあげないと!

照男と「なつ」を結婚させるという事は
「なつ」を柴田家の家族とみていなかった
ということになるんだよ!
それは理由は私には分からないけど
照男兄ちゃんにも失礼なのだよ!
でも「爺ちゃん、ごめんなさい」ペッコリ45度

折角いい天気で今から楽しくお出かけなのに
気分が台無しだよ。
約束したから出かけますけど、みたいな。

「なつ」が出かけたとたんに猛吹雪。
しまった!天気予報を確認するのを忘れてた。
晴天だったので、つい油断してしまった。

「すず」は美人なので美人らしく
深い深い森の中で白い白い雪に埋もれて美しく死ねる。
芸能界にとって大きな損失だけど
美しく、それだけがせめてもでね。

爺はなななんと、お汁粉を食べてる。そりゃあ
働く大人たちには、必ず昼が来る。
ランチをのぞけば人生が見えてくる。
働く大人の昼ごはん、それが、サラメシ!かも知れないけど
ブスならともかく美しすぎる「すず」が吹雪で死にそう
な時に全く「今日はなんて日だ!」

しかもだよ
二次災害をおそれて誰も助けに行こうとしない!
自分の娘なら必ず様子を見に行くハズなのに
行かないのはやはり「なつ」が他人だからだ。論破!

これでは番組が終わってしまう。
それで、ものすごい偶然が起こる!
日本の宝である美しい「すず」が白い白い雪に埋もれて
神に召されるその前に「さまよえるユダヤ人」によって
助けられ、彼の狭いながらも楽しい我が家運ばれて寝かされ
美しい顔で目覚めた所で、今週は終わった。
ああ「なつよ!死なないで良かった!」

« なつぞら | トップページ | 高須院長 »