« 中国VSインド | トップページ | 「おちょやん」最終回 »

2021年5月13日 (木)

「おちょやん」ついに最終回 面白かった

〇ドラマや映画や小説は
 「内容半分、タイトル半分」と言われるくらい
 タイトルのネーミングが重要で
 その点では「おちょやん」は良かった、でも
 次の「おかえりモネ」は少し、弱い。

 内容については
 伝記もの自叙伝ものは当たりやすい。
 その点でいくと創作ものは、むずかしい。
 「おかえりモネ」は無理のない物語を展開
 させるのに、作り手はかなり苦労すると思う。
 しかも視聴者の共感が得られるように
 ここが難しそうな感じが今からする。
 ・・・と余計な心配をしております。ガンバレ朝ドラ

〇アチャコとエンタツ、これは私は知らない世代です。
 岡八郎と花紀京、間寛平と池乃めだか、いとこい
 やすきよ・・・たくさんいる、懐かしい
 これを思い出したのもおちょやんのおかげ
 船場太郎が政治家に転身した時は驚いたよなぁ。
 でも吉本新喜劇はたくさん死んでるんだね
 桑原和男も中山美保も山田スミ子も

〇これは関係ないですが
 「中井貴一」を「なかいかんいち」と呼んで
 「ファンです」と言った人がいました。
 確かにそう見えなくもない

〇近所に「坂之上鈴子」という表札の家がある。
 「鈴子」はどうか「りんこ」であって欲しい
 でも「すずこ」だろうなといつも思う。
 「山下銀蔵」というのもある。「山下」は平凡
 だけど「銀蔵」はいいな

〇「おちょやん」の最終回は、きれいにまとめる
 必要はない気がする。尻切れトンボでいいじゃない。
 やはり起承転結はないとダメかな。やっぱり
 ひと泣きさせて終わりたい?それともオチをつけるか

« 中国VSインド | トップページ | 「おちょやん」最終回 »