« 月曜から夜更かし  嫁ニー | トップページ | ドラマ「トップリーグ」での変なとこ »

2021年6月17日 (木)

刑事コロンボ  鈴木貫太郎の刑事コロンボ

YouTubeで数学の鈴木貫太郎さんが
「刑事コロンボ問題」とういうタイトルの
問題をやっていた。

BSでちょうど今夜はコロンボの日だったので
タイトルにひかれて最後までみた。
貫太郎さんの放送はいつも短いから。

リミット問題で答えはひと目で分かる。
刑事コロンボも最初に犯人を視聴者にみせる。
そこに共通点がある。
貫太郎さんはそうおっしゃる。
最初に答えが分かる所が似ている、少し
こじつけ気味だけど分る気もした。

数式の問題は答えはすぐなんだけど
そこにいたるまでの理屈は知っておかないと、
という訳でガウス記号の説明をちゃっちゃとやって
いつもの通り放送をちゃっちゃと終わった。

テレビのコロンボですが
放送回数がかなり長い。
映画では「男はつらいよ」だけど
テレビだとコロンボはかなりの長寿番組だ。

放送の初めの頃は主演のピーターフォークが若かった
それが次第に老けて来て、今では白髪頭
放送がすすむにつれて風景にうつる備品が
だんだん現代に近くなる。昨夜はついに自動車電話が
出て来た。携帯かな?子機かな?
電話もガラケーの前あたりまでやってきた。

放送内容も作り方が丁寧になりまして

殺人犯だってやむにやまれぬ事情というものがある。
「わがまま」なのは、そうなんだけど
多少「気持ちは分かる」ものもある。
放送の最初の頃はこれが雑でね。
犯人に同情できないものが多かった。

今はドラマの最後でコロンボが言う決めせりふの
「あなたを逮捕します」
これが胸にドキリとくる。
犯人の気持ちが分かるからだと思う。

コロンボがいつも言う「ウチのかみさん」ですが
普通の奥さんは旦那の服装に気をくばります。
世間体というものがありますから。
旦那がだらしない服装だと奥さんが笑われる。
だからコロンボの服装はトレードマークなのだけど
不自然でもあるのですよね。
貧富の格差で犯人を油断させる効果はありますけどね。

コロンボの最高傑作は私は「別れのワイン」だと思う。
ドナルド・プレザンスの。007では悪の親分。
大脱走では偽造屋。
コロンボが逮捕したあと車で高価なワインを
ふるまう場面がとても印象的な終わりで好きです。
ただ「ワインを飲む時、葉巻はやめて下さい」と
前の場面で言われていたのに、コロンボが
たぶん火はついていないのかも知れないけど
葉巻をくわえていたのがどうも気になりますが。

« 月曜から夜更かし  嫁ニー | トップページ | ドラマ「トップリーグ」での変なとこ »