« 病院 | トップページ | 水曜日のダウンタウン  本当は恐いつまみ枝豆 »

2021年7月21日 (水)

マツコの知らない世界  古墳

マツコの知らない駅弁の世界は仲間が
大勢いそうだけど、古墳はなぁ~
考古学とは少し違う。
何しろ歴史的に時代が古くても、墓だから。
インディアナ・ジョーンズやナショナルトレジャー
みたいに学術的興味や宝探しの
何か目標があれば、しかも誰も知らない秘境の地なら

ただ「古墳」でしょ。
そりゃ誰も知らない古墳だってあるでしょうけど。
墓だからいっぱいあるよね。
身分の上下にかかわらず人は死ぬものだから。
コンビニより数としては多いらしい。

でも趣味としては盲点で中々いいと思う。
経費がかかりそうだけど。移動と宿泊で。そこがね。

本でも出版して古墳ファンを増やせばいいのに。
「季刊 やっぱり古墳が好き」とかね。
パワースポットとかさあ、恐いお墓の話とか
デアゴスティーニで今なら古墳のすべてが
分る手作り模型つきとか、色々コラボしてね。
古墳の未来は明るいかも知れない。

古墳はどうやって作られたか?
足場を組んで上から眺めながら作ったんじゃない。
それより古墳を囲むお濠の水よ、不思議なのは。
大雨が降っても溢れないし、干ばつでも水はある。

誰のお墓か、
有名どころは分るけど、小ぶりの古墳は分らない。
ギャング・オブ・ニューヨークのラストみたい。
誰の墓か、そもそもこれは墓なのか、でしょ。
古代人は気がきかないね。
自分が生きたあかし、家族が生きたあかし
どんな生涯だったか見当もつかない時代になる
だろうけど、せめて名前だけはシッカリ書くべきだ。
子孫が苦労する。
卑弥呼!「お前だよ!」

« 病院 | トップページ | 水曜日のダウンタウン  本当は恐いつまみ枝豆 »