« 絶頂期だと、どちらが強いか見てみたい | トップページ | 大谷翔平  バットに当たればホームラン  »

2021年7月 7日 (水)

東京オリンピック狂騒曲

いよいよ東京オリンピックが近づいて来ました。
あと2週間くらいでしょうか。
石を投げたら届く距離です。
大声で叫んだら、うるせぇバカヤローと返される近さです。

なのに、観客の数が決まらない。
オリンピック後のコロナ感染のリスクを
考えれば「中止」もありうると地味な首相が
会見していました。
ホントにあなたが日本のトップですか?と
思わず聞いてしまいそうなくらい地味な首相が。

しかしこれでは開会式まで決まらないのではないか。
選手団が行進している途中で「中止にします!」と
これもありうるそうで

そうなるとグランドを行進していた選手団に一時停止
ボタンが押されて、逆再生になり、行進曲の演奏も
逆演奏になり、まるで寄席の色物の様になってしまい

スタンドのオリンピック貴族やスポンサーやその
家族もリアルなフィルム巻き戻しみたいになって

でも国民は一人3万円払って見ている計算ですから
そのくらいの楽しみはあっていい気はしますけど。
国民を見下しやがって。
便所も逆生放送すればいいんだ。
そう思うといくらか気分が晴れる下層国民の私です。

森は「無観客でもいい」と今日、会見していました。
ついにジジィが折れました。
会見の壇上に上がるのに付き添いが必要なほど体が
弱っていた。
それをテレビで観たアメリカのバイデンは
「日本の国会には介護施設がある!ウチも作ろう」と
補佐官に早急にホワイトハウスにも作るよう指示したそうです。
何故か、私には分かりません。

« 絶頂期だと、どちらが強いか見てみたい | トップページ | 大谷翔平  バットに当たればホームラン  »