« 朝ドラ「らんまん」何年か後 | トップページ | 「噂の東京マガジン」親の遺品整理 »

2023年8月14日 (月)

台湾国民 戦争に対する士気はあるのか?

台湾はすでに中国のものですね。
街頭インタビューに答える台湾の若者たちは
例外なく「戦争になったら国外に脱出する」と
答えていました。
驚くことに「中国に逃げるつもり」と答えた女の子もいた。
日本人の感覚では理解できません。
たぶん中国本土に家族や親戚がいるんだと思う。
死ぬのは嫌だから、戦争にはならないで欲しい。
本音はそういう事だ。

**********

そこいくと
北欧フィンランドの若者はシッカリしてる。
あきらめもあるでしょうが。危機感がまるで違う。

徴兵制度で一時帰宅を許された若者たちが
隊にもどる駅でのインタビューに答えて

「我々の先輩たちのおかげで、これまで、安全に暮らせた。
この美しい国を守る為に今度は自分たちが頑張ります」
どうですか、この悲壮感!

**********

台湾の政界は中国寄りですか?
もしそうなら台湾はすでに中国に吸収されている。
だから中国はアメリカへの配慮もあって台湾侵攻を
遅らせているのだ。のんびり構えている。
台湾国民は戦意喪失じゃん。台湾に旅行するなら「今」ですね。
台湾が中国になってからでは旅行しずらい。

« 朝ドラ「らんまん」何年か後 | トップページ | 「噂の東京マガジン」親の遺品整理 »